« 論理回路設計自動化ソフトを使うと | トップページ | 2軸の同期動作 »

2015年7月 9日

MOSBenchのGetTimerValueはいつオーバフローするか

MOSBenchのGetTimerValueはいつオーバフローするか

お客様から

WindowsリアルタイムIO制御のMOBBench(モスベンチ)

のGetTimerValueの値は、

いつオーバフローするのか?

という質問があった。

100ns単位の64bitの値なので、機械の寿命としては

十分だと思います。

実際に計算してみます。

下位の32bitのオーバフローが

2^32*100ns=429秒。

上位の32bitがオーバフローするのが、2^32倍して、

429秒*2^32秒。

1年は、365日*24時間*3600秒なので、

429秒*2^32秒 / 365日*24時間*3600秒 =  58494年

約60000年で、オーバーフローします。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

 

|

« 論理回路設計自動化ソフトを使うと | トップページ | 2軸の同期動作 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 論理回路設計自動化ソフトを使うと | トップページ | 2軸の同期動作 »