« ケーブル2mを接続するとアナログ信号が発振 | トップページ | リレー配線を変えたら、ソフト起動エラーになる »

2015年11月 3日

高速オペアンプAD826の反転バッファが6MHZで発振する

高速オペアンプAD826の反転バッファが6MHZで発振する

原因がやっとわかりました。

+入力をオペアンプで作った2.5Vに接続していたのを

グランドに接続したら

止まりました。

データシートの参考回路どおりに設計していたら、

こんなに長時間悩まなかったのに。

チャレンジしたので、勉強になりました。

(後日訂正)

+入力側の2.5Vが6MHZで発振していました。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« ケーブル2mを接続するとアナログ信号が発振 | トップページ | リレー配線を変えたら、ソフト起動エラーになる »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケーブル2mを接続するとアナログ信号が発振 | トップページ | リレー配線を変えたら、ソフト起動エラーになる »