« UDPプロトコルの発信元ポート番号へレスポンスを返す | トップページ | 動作電圧を下げると選択肢が増える »

2016年5月 8日

互換品があると安い

互換品があると安い

基本動作確認ができた手作り回路を

試作回路用に部品の見直し。

最初は、性能最優先で部品選定。

改めて、妥当な部品を探してみる。

互換品がある部品を使えないか、再設計。

かなり安くなる。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« UDPプロトコルの発信元ポート番号へレスポンスを返す | トップページ | 動作電圧を下げると選択肢が増える »

日記」カテゴリの記事

コメント

YMMTさん、続いてコメントありがとうございます。

モーションオヤジも同じです。
単発仕事で、納期優先の場合は、回路の見直しができません。

今回は、少し数が出そうなので、時間をかけています。

投稿: モーションおやじ | 2016年5月 9日 19時38分

設計期間が短いとこれが出来ないんですよね・・・しかも単発じゃなくてリピートがあったりとか・・・

投稿: YMMT | 2016年5月 9日 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« UDPプロトコルの発信元ポート番号へレスポンスを返す | トップページ | 動作電圧を下げると選択肢が増える »