« ソフトの修正仕様書 | トップページ | 製品検査の手伝い »

2016年11月 9日

繰り返し処理で最初のほうはうまく行くけれど

繰り返し処理で最初のほうはうまく行くけれど

終わりのほうになると処理がおかしくなる。

フラッシュメモリをイレースした後

10番地分、ライトしているだけ。

リードすると、後ろのほうの3番地分がおかしい。

書き込み待ち時間は、余裕を持って、入れている。

さて、何がまちがっているのか?

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« ソフトの修正仕様書 | トップページ | 製品検査の手伝い »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソフトの修正仕様書 | トップページ | 製品検査の手伝い »