« 突然エンコーダ通信異常が発生 | トップページ | マイナス側OTセンサのエッジを使った原点復帰 »

2017年5月 5日

同じ信号を2箇所で管理すると

同じ信号を2箇所で管理すると

わかりにくくなる。

OT(オーバトラベル信号)を

サーボアンプの中と

モーションコントローラの

2箇所で管理している。

しかも、OT信号が有効になる論理も

アンプとコントローラの2箇所で

別々に管理している。

さらに、アンプの中に

-OTと+OTを交換して、コントローラに送信する機能もある。

あぁ、とてもややこしい。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 突然エンコーダ通信異常が発生 | トップページ | マイナス側OTセンサのエッジを使った原点復帰 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 突然エンコーダ通信異常が発生 | トップページ | マイナス側OTセンサのエッジを使った原点復帰 »