« 電子回路基板オンボードコネクタの選定 | トップページ | DC48V入力で出力0.5Aの電源LM2597HVM-ADJ/NOPB »

2018年11月16日

シャント抵抗器(電流検出抵抗器)の選定方針

シャント抵抗器(電流検出抵抗器)の選定方針

一番は、

・小ロットで安定的に購入できること。

単価が高いので、リールでの購入は避けたい。

在庫になって、お金が寝てしまうとたいへん。

その次は

・許容電力(何Wattまで使えるか?)

・抵抗値

後段に過電流検出回路があれば、

そのしきい値電圧が制限になる。

固定ゲインの増幅回路とADコンバータの入力範囲

も抵抗値の選定基準になる。

抵抗器を並列にしてたほうが、許容電力が減って

機種選定の幅が広がるようだったら

その方向もあり。

■リンク: 「モーションおやじ」のノウハウ

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 電子回路基板オンボードコネクタの選定 | トップページ | DC48V入力で出力0.5Aの電源LM2597HVM-ADJ/NOPB »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電子回路基板オンボードコネクタの選定 | トップページ | DC48V入力で出力0.5Aの電源LM2597HVM-ADJ/NOPB »