« 8軸のパルス列の位置指令と8軸のA相B相カウンタ内蔵のマシンコントーラ | トップページ | ロータリーエンコーダ付きモータ駆動回路付きステッピングモータ。シナノケンシ製。SSA-PE-42D2M。 »

2019年1月 3日

ノートパソコンを使ってモータを回す

ノートパソコンを使ってモータを回す

Am8m_notepc_and_intermotion_516x387

LANケーブルで、

ノートパソコンとパルス列位置指令コントローラ

(青い箱「InterMotion(インターモーション)」)を接続。

Ethernetポートがないノートパソコンでは

Usblan_adapter_516x387

USB-LAN変換アダプタをつかう。

Top_pulse_train_function

青い箱から、動かしたい角度に応じて

電気信号のパルスが出力される。

最大8個のモータを回せる。

HUBを使えば、もう1台InterMotionを追加して

最大16個のモータを回せる。

■リンク: 「モーションおやじ」が小さな機械制御ニーズに応えます

モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 8軸のパルス列の位置指令と8軸のA相B相カウンタ内蔵のマシンコントーラ | トップページ | ロータリーエンコーダ付きモータ駆動回路付きステッピングモータ。シナノケンシ製。SSA-PE-42D2M。 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8軸のパルス列の位置指令と8軸のA相B相カウンタ内蔵のマシンコントーラ | トップページ | ロータリーエンコーダ付きモータ駆動回路付きステッピングモータ。シナノケンシ製。SSA-PE-42D2M。 »