« 業界標準のモータ制御機器はEtherCAT(イーサキャット)か? | トップページ | 設計ミスしました。スタッキングコネクタ位置がずれている »

2019年1月12日

WindowsパソコンとPLCにつながるパルス列位置指令サーボ用通信アダプタユニット

WindowsパソコンとPLCにつながるパルス列位置指令サーボ用通信アダプタユニット

Intermotion_lan_and_pulse_531x381_1

(クリックで拡大)

写真の青いInterMotion(インターモーション)は

上位コントローラとLANでつながり

ACサーボドライバやステッピングドライバ

パルス列位置指令でつながる。

合計8個のサーボドライバ、あるいはステップドライバを接続できる

”LANとパルス列の変換アダプタユニット”。

納入先のお客様が

三菱サーボを指定、

安川サーボを指定、

と変わっても、上位コントローラは同じでよい。

逆に

納入先のお客様が

三菱PLCを指定、

キーエンスを指定、

と変わっても、サーボは同じでよい。

何かが同じというだけで、

開発工数が減る。

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御のイノベーションに応えます

モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 業界標準のモータ制御機器はEtherCAT(イーサキャット)か? | トップページ | 設計ミスしました。スタッキングコネクタ位置がずれている »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 業界標準のモータ制御機器はEtherCAT(イーサキャット)か? | トップページ | 設計ミスしました。スタッキングコネクタ位置がずれている »