« もっと情報収集したほうがいい | トップページ | 部下を定時に帰す仕事術 「最短距離」で「成果」を出すリーダの知恵 »

2019年2月 1日

システムの拡張機能をどこまで盛り込むか?

システムの拡張機能をどこまで盛り込むか?

標準品に対して、追加オプションで、機能が拡張できるように

構想を練っている。

どこまで対応するかによって

原価と開発コストが増減する。

標準品はできる限り安くしたい。

だけど、お客様の潜在的なニーズには、対応しておきたい。

「潜在的な」というのが、どれくらいの割合?

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« もっと情報収集したほうがいい | トップページ | 部下を定時に帰す仕事術 「最短距離」で「成果」を出すリーダの知恵 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もっと情報収集したほうがいい | トップページ | 部下を定時に帰す仕事術 「最短距離」で「成果」を出すリーダの知恵 »