« システムの拡張機能をどこまで盛り込むか? | トップページ | マイコンの外部デバイスのレジスタ設計 »

2019年2月 2日

部下を定時に帰す仕事術 「最短距離」で「成果」を出すリーダの知恵

部下を定時に帰す仕事術 「最短距離」で「成果」を出すリーダの知恵

Photo

お勧め対象読者: 部下の残業が多くて、困っている人。自分の残業を減らして、自由な時間を増やしたい人。

お勧め度★★★★

簡単に言えば、

必要なことだけやって、できるだけ、やらないこと。

細かいテクニックは

仕事の優先順位を付けて、優先度の高い仕事をやる。

仕事の仕様を発注元に聞く。

仕事の工数を仮に決めて、日程化する。

途中で、状況を報告する。

できる人に聞く。任せる。

など。

タイムマネジメントの根本は、

自分の人生の目的を明確にする。

どんな仕事や生活をしたいのか、

どんな人生を目指したいのか。

詳細は、第5章とあとがき。

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« システムの拡張機能をどこまで盛り込むか? | トップページ | マイコンの外部デバイスのレジスタ設計 »

本(専門書以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« システムの拡張機能をどこまで盛り込むか? | トップページ | マイコンの外部デバイスのレジスタ設計 »