« 日本のものづくりを支えたファナックとインテルの戦略 | トップページ | Windows側の画像処理データを生かして、Windowsリアルタイム処理側のステージ移動を行う »

2019年4月23日

Z相使用ありの原点復帰とZ相使用なしの原点復帰で原点復帰完了位置がずれる

Z相使用ありの原点復帰とZ相使用なしの原点復帰で原点復帰完了位置がずれる

Z相使用ありの原点復帰では

Z相とOTなどのセンサの間隔データ

(ReturnHomeStandardPulse)

を使用します。

Z相使用なしの原点復帰でも

同様に、使用するしくみになっています。

これを0にしてください。

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 日本のものづくりを支えたファナックとインテルの戦略 | トップページ | Windows側の画像処理データを生かして、Windowsリアルタイム処理側のステージ移動を行う »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本のものづくりを支えたファナックとインテルの戦略 | トップページ | Windows側の画像処理データを生かして、Windowsリアルタイム処理側のステージ移動を行う »