« CP15空間に割り当てされているGeneric Timer | トップページ | USBメモリにみるLSI実装技術の進化 »

2019年7月 4日

ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけたつまらなくない未来

ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけたつまらなくない未来

Ai

おすすめ対象読者:先行しているエストニアの電子政府に興味がある人

お勧め度★★★★★

エストニアの電子政府、進んでます。

個人データの個人主権が法律で守られています。

他人のデータを不正に利用したら、刑務所行き。

(055ページ)

2017年にエストニアは、NATO同盟国でもある

ルクセンブルクのデータセンターを向こう5年間、

220万ユーロで借りることに合意し、

2018年に国会で議決している。

貴重な国家のデータすら海外に預けておこうというのだ。

(120ページ)

政府が外国人を「仮想住民」として認め

「仮想居住権」を与えている。

「仮想住民」は、 オンラインでエストニアに会社も設立でき、

EUの5億人の市場にアクセスできる。

利益を分配するまでは、無税。

(100ページ)

一番大事なのは、教育です。

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ 

 

|

« CP15空間に割り当てされているGeneric Timer | トップページ | USBメモリにみるLSI実装技術の進化 »

本(専門書以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CP15空間に割り当てされているGeneric Timer | トップページ | USBメモリにみるLSI実装技術の進化 »