« 小型カーナビの電子回路基板 | トップページ | 超AI時代の生存戦略 シンギュラリティに備える34のリスト »

2019年8月 6日

日本の半導体を使って微力でも売り上げに協力したい

日本の半導体を使って微力でも売り上げに協力したい

と思って、まず、

ルネサス、ROHM、東芝で

候補を探す。

富士通のフラッシュ、

エルピーダのDRAM、

シャープの電源IC、

三洋のモータ制御IC、

など、外資に行ってしまった。

プリント基板は、100%日本製を使っている。

コネクタも、なるべく日本メーカ製を使っている。

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ 

|

« 小型カーナビの電子回路基板 | トップページ | 超AI時代の生存戦略 シンギュラリティに備える34のリスト »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小型カーナビの電子回路基板 | トップページ | 超AI時代の生存戦略 シンギュラリティに備える34のリスト »