« 超AI時代の生存戦略 シンギュラリティに備える34のリスト | トップページ | 三菱PLCとパネルコンピュータとモーションコントーラとサーボドライバのシステム »

2019年8月 8日

受け取ったソフト仕様書じゃプログラムを書けない

受け取ったソフト仕様書じゃプログラムを書けない

とプログラマーに言われてしまいました。

現状のコードとの両立性をどうするの?

将来的な展開をどこまで、考えているの?

仕様実現と作業量のトレードオフの判断をしてほしい

などなど。

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ 

|

« 超AI時代の生存戦略 シンギュラリティに備える34のリスト | トップページ | 三菱PLCとパネルコンピュータとモーションコントーラとサーボドライバのシステム »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超AI時代の生存戦略 シンギュラリティに備える34のリスト | トップページ | 三菱PLCとパネルコンピュータとモーションコントーラとサーボドライバのシステム »