« 16日から営業 | トップページ | CPUメーカ提供の評価ボードで、CPUメーカ提供のサンプルプロジェクトが動かない »

2019年8月17日

複数のアナログコンパレータとCPLDが一体になったプログラマブルパワーマネジメントIC

複数のアナログコンパレータとCPLDが一体になったプログラマブルパワーマネジメントIC

こんなICがあるんだ。

複数電源のシーケンスを制御できる。

LSIメーカが販売している評価ボードの回路図を見ていて、

「なにこれ?」と型式を検索して、わかった。

Lattice Semiconductor社の製品。

型式は、例えば、 ISPPAC-POWR605-01SN24I。

電圧が上がっていく時の電圧コンパレータしきい値も

電圧が下がっていく時の電圧コンパレータしきい値も

その変化を検出した後の遅延時間も

プログラムで変更できる。

昔から、プログラマブルロジックデバイスを開発販売をしているが、

こういう市場に目を付けたのか。

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ 

|

« 16日から営業 | トップページ | CPUメーカ提供の評価ボードで、CPUメーカ提供のサンプルプロジェクトが動かない »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 16日から営業 | トップページ | CPUメーカ提供の評価ボードで、CPUメーカ提供のサンプルプロジェクトが動かない »