« 回路図を書いてもらって、プリント基板のアートワーク設計見積り | トップページ | コネクタが並ばない »

2019年9月19日

産業用パソコンのスロットが足りないので、リアるタイムLANポート経由でモータ制御

産業用パソコンのスロットが足りないので、リアルタイムLANポート経由でモータ制御

40軸のモータを動かすモーションボードがあるが

それでは、モータの軸数が足りない。

お客様と打ち合わせをするたびに

モータが増えていく、

というお客様の声で

リアルタイムのLANポート経由でモータを動かす方法を開発。

41190919   

非同期移動命令は、

AmxRobPtpMove(通信handle, ロボット番号, 目標位置, 3/*絶対非同期モード*/);

移動動作完了を待つ命令は、

AmxRobWaitForMoveDone(通信handle, ロボット番号, 移動動作残数);

以上、2つの命令の最速実行時間は、5.3msでした。

Windows10のパソコンでの評価は、これからです。

 

■リンク:「モーションおやじ」が出ているYouTube

プライムモーション社会社案内

 

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

 モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

 モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ 

|

« 回路図を書いてもらって、プリント基板のアートワーク設計見積り | トップページ | コネクタが並ばない »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 回路図を書いてもらって、プリント基板のアートワーク設計見積り | トップページ | コネクタが並ばない »