« GIG-Eカメラ用ネットワークインターフェースカードとそのドライバはリアルタイム性を阻害する | トップページ | 8層の電子回路基板のアートワーク設計が完了 »

2019年10月15日

Windowsリアルタイム制御によるコンテック社OUTポート信号波形

Windowsリアルタイム制御によるコンテック社OUTポート信号波形

191015windowsio   

(クリックで拡大)

Windows10の64bitパソコンをリアルタイム化しています。

第六世代のCore-i7を使っています。

1msサンプリングでコンテックのOUTポート操作信号をサンプリングして

画面に波形表示しています。

コンテック社OUTポートを1msオン、オフするプログラムを実行しています。

一番上の波形:1msオン、オフ(リアルタイム制御)

プログラムは画面右下。

二番目の波形:16ms毎オン、オフ(リアルタイム制御)

プログラムは画面右下。

三番目の波形:1ms毎オン、オフしているつもり(Windows制御)

プログラムは画面左下。

CPUSTRES.EXEを使って、CPU負荷をかけています。

 

■リンク:「モーションおやじ」が出ているYouTube

プライムモーション社会社案内

 

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

 モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

 モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ 

 

 

 

 

 

|

« GIG-Eカメラ用ネットワークインターフェースカードとそのドライバはリアルタイム性を阻害する | トップページ | 8層の電子回路基板のアートワーク設計が完了 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GIG-Eカメラ用ネットワークインターフェースカードとそのドライバはリアルタイム性を阻害する | トップページ | 8層の電子回路基板のアートワーク設計が完了 »