« 2020年中央アルプス千畳敷カール | トップページ | タスクトレイ USBアイコン 表示されない »

2020年1月 4日

モータコントローラとLAN通信するC#プログラム

モータコントローラとLAN通信するC#プログラム

初めてC#プログラムを作ってみました。

とても簡単なプログラムです。

フォームのボタンをクリックすると

モータコントローラのファームウェアバージョンをリードするだけです。

以下の桃色の部分を追加しました。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using AmxCtrlNet; // Prime Motion モータコントローラ通信ライブラリ

namespace InterMotionCSOpen1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private string Connstr = "TCP:192.168.0.199"; //IPアドレス
        private int Hndl; // 通信相手番号
        private short Fver1, Fver2, Fver3, Fver4; //ファームウェアバージョン番号
        AmxCtrl.CmdResult Rc1, Rc2, Rc3; // AmxCtrl.CmdResult型の戻り値用変数の宣言                    
       
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            Rc1 = AmxCtrl.Initialize(); //dllの初期化、AmxPrtcl.exeの起動
            Rc2 = AmxCtrl.Open(Connstr, 0, 0, 0, out Hndl); //通信ポートをオープン
            Rc3 = AmxCtrl.GetVersionInfo(Hndl, 11, 0, out Fver1, out Fver2, out Fver3, out Fver4); // ファームウェアバージョン取得
        }
    }
}

ブレークポイントの設定を設定して、

ファームウェアバージョン番号の

Fver1、Fver2、Fver3、Fver4

をウォッチしました。

Intermotioncsopen1-200104_20200104202201

クリックで拡大。

画面右側のソフトウェアツールでリードした番号と一致しました。

 

■リンク:「モーションおやじ」が出ているYouTube

プライムモーション社会社案内

 

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

 モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

 モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 2020年中央アルプス千畳敷カール | トップページ | タスクトレイ USBアイコン 表示されない »

技術モータ制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年中央アルプス千畳敷カール | トップページ | タスクトレイ USBアイコン 表示されない »