« 韓国輸出KCマークR-R-PMJ-AMXG | トップページ | RTEXサーボドライバとモータからなる64個のロボット一覧画面 »

2020年8月 5日

RTEXサーボドライバの接続ノード番号確認

RTEXサーボドライバの接続ノード番号確認

200805-102-motiware-am-error-info

(クリックで拡大)

MotiwareManagerAM(モウティウェア・マネジャー・エーエム)と言うソフトの

Error info.タブ画面の「RTEX Info. 1」ボタンをクリック。

200805-101-motiware-am-rtex-info1

この画面の「Config」行では

パラメータファイルで、ノード番号0,1,2,3を使用すると設定していることがわかる。

しかし、実際は、「Actual」行で、ノード番号3が欠けて、4が存在していることがわかる。

サーボドライバ表面のノード番号スイッチが3にならず、4になっている。

これを直して、サーボドライバの電源を入れなおして、

画面の「Error reset」ボタンを押す。

200805-103-motiware-am-rtex-info1

すべて、青になりました。

マニュアル改訂中で、機能確認しながらスクリーンショット。

 

■リンク:「モーションおやじ」が出ているYouTube

プライムモーション社会社案内

 

■リンク: 「モーションおやじ」が中小企業の切実な機械制御の悩みに応えます

 モータ制御開発34年(ロータリーエンコーダ、ACサーボドライバ)

 モーションコントローラ開発20年

プライムモーション社

リアルタイムWindows 40軸超高速マシンコントローラ

|

« 韓国輸出KCマークR-R-PMJ-AMXG | トップページ | RTEXサーボドライバとモータからなる64個のロボット一覧画面 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国輸出KCマークR-R-PMJ-AMXG | トップページ | RTEXサーボドライバとモータからなる64個のロボット一覧画面 »