カテゴリー「会社概要」の25件の記事

2009年9月28日

Windowsリアルタイム拡張「RTX」 初期のVenturComのCD

プライムモーション社で使っているWindowsリアルタイム拡張「RTX」のSDKのすごい昔のCD。

これは、1999年のVenturCom時代のCD。RTX-4.3.2.1のSDK。

Venturcom_sdk

いいかんじがでているでしょ。

時計の秒針で「ハードリアルタイム」を暗示しているのがいいねぇ!

創業の頃の、気持ちが入っている。

3色の風みたいなロゴもいいんだよな。

最近のCDデザインは、ものたりない。ありがたみが減ってしまう。昔は、SDKの値段が高かったせいもあるな。

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/windowsrtx-runt.html

Link: 「RTX」を使い続けて11年目

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

| | コメント (0)

2009年9月26日

Windowsリアルタイム拡張「RTX」 Runtime CDの歴史

今日は、プライムモーション社で使っているWindowsリアルタイム拡張「RTX」 Runtime CDの歴史。

1999年にSDKを購入して以来、「RTX」提供メーカは代わるが、ずっとお付き合いしている。

まず、最初は、VenturCOM社2003年の「RTX」Runtime CD。

Venturcom

次は、Ardence社になる。2005年。

Ardence

次は、CITIRIX社の資本が入ったArdence社。2007年。

Ardence_citrix

次は、現在のIntervalZero社。2008年。VenturCOM社創業メンバーら が第2の創業。

Intervalzero

VenturCOM社時のCDと比較すると、色違いだが、半円のデザインが好きなのかな?。

■1999年のRTX-SDKのCDは、こちら。

デザインが凝っている。「モーションおやじ」は好み。

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/venturcomardenc.html

Link: 「RTX」を使い続けて11年目

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

| | コメント (0)

2009年3月10日

コンテックさんのホームページで弊社技術が紹介されました。

今朝から、コンテックさんのホームページで弊社技術が紹介されています。

http://www.contec.co.jp/product/showcase/1/22/R18-01.html

もとネタは、プライムモーション社のトップページの抜粋ですが、コンテック社のメイルマガジンで上記ページが紹介配信されたので、反応がすごいです。

今日一日で、一か月分に相当する資料ダウンロードがありました。

コンテックさん、ありがとうございます。

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

| | コメント (0)

2009年3月 2日

コンテック社ページに「MOS Bench」の紹介記事

コンテック社でさっそく記事ができて、「プライムモーション社」へホームページのリンクが張られました。

コンテックさん、ありがとうございます。

コンテック社のトップメニューの「製品・ソリューション」をクリック、さらにサイドメニューの「他社関連製品・ソリューション紹介」をクリックします。

http://www.contec.co.jp/link/index.html

INtimeの下にWindows簡単リアルタイムIO制御環境の「MOS Bench(モスベンチ)」があります。

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

| | コメント (0)

2009年2月 9日

8B10Bエンコーダ、8B10Bデコーダを自社開発

前の記事でプライムモーション社の光ネットワークシステムを紹介した。

Opt_5

このとき、光通信の送受信回路を設計するために、IBMの文献を長野県駒ヶ根から東京工業大学の大岡山キャンパスの図書館までコピーを取りに行って、それを読み込んで、8B10Bエンコーダ、8B10Bデコーダを自社開発設計した。

普通は、FPGAメーカ等からIPとして販売されているしろもの。

当時は、えらく気合いが入っていたねぇ!お金がなかっただけ?

IBM J. Res Develop. Vol.27 No.5 September 1983 pp.440-451.

8b10b_4  

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日

ネットワークタイプ(リンクタイプ)のモーションコントローラ

最近、

・パナソニックのRTEX(RealTime EXpress、リアルタイムエキスプレス)

・安川のMechatrolink-Ⅲ(メカトロリンク-スリー)

・EtherCAT(イーサキャット)

等の、高速ネットワークサーボが話題になっている。

しかし、すべてネットワークサーボで済むユーザもいるし、ステップモータを使いたいから、あるいは、特殊なモータを使いたいから、パルス列のインターフェイスが残るというユーザもいる。

パルス列を使いたい場合、

A,ネットワークにつながるパルス列位置指令発生ユニットをつける

B,ネットワークの指令カードの他に、パルス列発生ユニット(カード)を別に用意する

C,ネットワークの指令とパルス列指令の両方あるユニット(カード)を使う

それと、もう一個、前提を覆して

D,パルス列を捨てる。ネットワークにそのままつながるステップドライバを使う。

どれかになる。

C,の例で、RTEX対応カードがコスモテックス社から発売されている。

プライムモーション社では、A,案もどきで、8年前の2001年に光ネットワークにつながるパルス列位置指令発生ユニットを製品化した(あまり売れなかった)。

「モーションおやじ」は、どうする?

■光ネットワークシステムブロック図

Opt_block

光ネットワークインターフェイスカード

Opt_2

光ネットワークにつながる4軸パルス列位置指令ノード

Node

光ファイバ

Fiber

関連記事:

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_561b.html

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日

セグメンテーション

会社見学会で学生さんが感動してくれた話。

従業員2000人の会社の社長さんが従業員500人の社長さんと会談した。

そのとき、2000人社長さんが「物の動きの制御を得意にしている会社を知っているか?」と500人社長さんに聞いた。

「知っているから、後で連絡先を調べて紹介する。」ということになって、500人社長さんが「モーションおやじ」に連絡してきた。

それで、2000人社長さんと「モーションおやじ」が会談した。

2000人会社と「モーションおやじ」のビジネスが始まった。

ひとつの分野を決めて、そこで尖っていることが大事!!

会社規模のハードルを越える魅力になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日

代理店

Dscf1311_pa_384x512 3月31日、雪の中、新潟に出張に行った。(写真は、姨捨パーキングエリア)新規開拓営業。ここのお客様は、当社の代理店が紹介してくれて、同伴で伺った。「モーションおやじ」にとっては新規だが、代理店にとってはルートセールス。高い信頼感のもとで、商談に入れる。ありがたいことです。

代理店の立場として、当社製品を販売する魅力があるとのこと。

M菱電機等の有名メーカ製品は、売りやすいが、お客様にとって購入ルートが多数あり、20円差でも、負けてしまう。その点、当社のような無名ブランドで競争力ある製品を売り込みできれば、売り手市場で優位に立てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日

累積損失解消

先日、2月決算のおおよその数字がでてきた。仕掛り費用の最終確定を待つ必要があるが、自社製品開発でへこんでいた累積損失を解消することになった。ほっと一息。

今期から、自転車を大型バイクに替えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日

prime(プライム)

prime(プライム)。手元の辞書では、

1、首位の、第一の、主要な、、、

2、[価値・品質が]最上[等]の、一流の、、、

3、最初の、、、

とある。

お客様が評価するprime motionに向けて、努力している。

ちなみに1999年2月にインターネットで、prime motionを検索したら、2件だけヒットした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)